• ENGLISH
  • twitter
  • facebook
  • mixi
  • ENGLISH

マッツとヤンマとモブリさん

松山マップ

  • 石手寺
  • 道後温泉
  • 鹿島
  • 三津の渡し
  • ダイヤモンドクロス
  • 坊っちゃん列車
  • 坊っちゃんカラクリ時計
  • 松山城
  • 萬翠荘
  • 松山総合公園
松山マップ
石手寺

石手寺

四国八十八ヶ所霊場の第51番札所。四国遍路発祥伝説の札所と言われています。
仁王門は鎌倉時代に造られ、国宝に指定されているほか、境内のほとんどの堂塔が国宝や国の重要文化財に指定されている壮観さで、さらに寺宝を常時展示している宝物館を備えています。

道後温泉

道後温泉

日本三古湯のひとつに数えられる道後温泉。明治27年に改築された木造三層楼の風格あるたたずまいの道後温泉本館は国の重要文化財に指定されている貴重な建物です。
道後温泉は、加温も加水もしていない源泉かけ流し。アルカリ性単純温泉で刺激が少なく、赤ちゃんからお年寄りまでみんなに優しいなめらかなお湯です。
また、夏目漱石が湯上りにくつろいだ部屋を再現した「坊ちゃんの間」や、日本で唯一の皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を見学することができます。

鹿島

鹿島

北条港から400mの沖合に浮かぶ周囲1.5kmの小島です。
白浜が自慢の海水浴場や、キャンプ場があり、島の中には島の名の由来になった野生の鹿が数多く生息しています。
島の頂上まで続く遊歩道の先にある展望台からの瀬戸内海の眺めは最高です!また、周遊船が運航しており、海から鹿島周辺の美しい海や島々を眺めることができます。
毎年5月に長さ30m余りに及ぶ注連縄(しめなわ)張りが行われることから「夕日の二見」とも言われます。

三津の渡し

三津の渡し

三津地区と港山地区を結ぶ500年の歴史を誇るといわれる渡し舟です。渡船区間は約80mですが、「松山市道高浜2号線」という道路の一部となっており、両地区の住人たちを中心に利用されています。
乗船場所には、呼び鈴のボタンがあり、それを鳴らすと船が来てくれます。年中無休でだれでも無料で利用することができ、昔懐かしい風情の船から、三津浜の古い街並みをのんびりと眺めることができます。

ダイヤモンドクロス

ダイヤモンドクロス

JR松山駅から松山城堀端をつなぐ大手町にあり、市内電車と郊外電車の線路と線路がクロスする、全国的にもとても貴重なスポットです。
また、交差する場合は郊外電車優先のため、あの「坊っちゃん列車」も踏切で電車を待つ場合があります。踏切で電車が電車を待つ、というなんともユニークな光景を見る為に、全国から鉄道ファンが訪れています。

坊っちゃん列車

坊っちゃん列車

もともと蒸気機関車として走っていたものを、見た目はそのままに現代に復元し、ディーゼルエンジンを採用した市内中心部を走る列車です。
「坊っちゃん列車」という呼び方は、夏目漱石の小説「坊っちゃん」で登場人物が利用したことから、タイトルに「列車」がつき、そのまま人々に親しまれるようになったことによるものです。煙突から出ている煙に見えるものは、蒸気を煙に見立てたもので、環境にも配慮しています。

坊っちゃんカラクリ時計

坊っちゃんカラクリ時計

道後温泉駅前の放生園にあるからくりモニュメントです。道後温泉本館の振鷺閣(しんろかく)をモチーフに作られました。お隣には道後温泉の源泉を使用した「足湯」もあり、観光で疲れた足を癒すことができる人気のスポットです。
午前8時から午後10時まで、1時間ごとに夏目漱石の小説「坊っちゃん」でおなじみのキャラクターが動き出し、軽快なメロディーで時を告げます。

松山城

松山城

松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な、加藤嘉明が築いた四国最大のお城です。日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつで、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭です。
松山城大天守は、圧倒的な存在感を持ったランドマークタワー。松山平野を360度見渡せるその眺めは正に絶景です。山の8合目付近まで運行しているロープウェイやリフトを利用して足を運ぶことができます。

萬翠荘

萬翠荘

大正11年に旧松山藩主、久松定謨(さだこと)の別荘として建てられたフランス式の洋館。
建物の中に今も残る華やかな大正ロマンに触れることができます。

松山総合公園

松山総合公園

人と自然のふれあいの場として造られた、松山を代表する都市公園です。公園内の大峰ヶ台頂上にはヨーロッパの城郭風の展望台があり、瀬戸内海の島々から松山市街地まで360度の一大パノラマを楽しめます。園内には、大型遊具が人気の「坊ちゃん夢ランド」や1000本の桜がある「さくらの丘」などおすすめのスポットも多く、週末には多くの家族連れでにぎわいます。
平成25年には「椿園」がリニューアルオープン。バリアフリーに配慮された園路や回遊デッキを整備したほか、平成26年3月に予定されている「全国椿サミット松山大会」の開催に向けて、和洋種合わせて約500種2500本ある椿を再配置し、松山市の花である椿により親しんでいただけるようになっています。

  • App Store
  • Google play
  • だんだん松山公式Facebook
  • いい、加減。まつやま
  • 「スマイル松山」プロジェクト
  • アニメの感想大募集!
  • ポスター設置場所 ご協力のお願い
いい、加減。まつやま

Copyright © 2013 Matsuyama City. All Rights Reserved.